UD大文字ん。の起動   ← 文字の大きさ、
色を変える場合は
ボタンを押して下さい
東村山市立図書館のイメージ画像

レファレンス

レファレンスサービスとは
中央図書館参考資料室について
インターネットの利用
回答できない質問
コピー

レファレンスサービスとは

レファレンスサービスとは、調べもののお手伝いをするサービスです。
読みたい本が見つからない、調べたいことがあるのにどの本を見たらよいのかわからないという時にご相談ください。図書館の本や雑誌、インターネット情報のご紹介や調べ方のご案内をしています。
東村山市立図書館で解決できない場合は、東京都立図書館、国立国会図書館、類縁機関に問い合わせることもできます。
質問は、市内の各図書館で受付けています。


                                             このページのトップに戻る

中央図書館参考資料室について

中央図書館には参考資料室があり、調べもの に便利な辞書・事典、白書、年鑑、新聞縮刷版、法規集、全国の電話帳、地域資料、行政資料(詳細は地域資料を見てください)があります。
質問を受付ける専用カウンターや閲覧机も用意しています。閲覧机は図書館資料を使っての調べものに限り、中学生以上の方がご利用いただけます。参考資料室カウンターで番号札を引換えの上、ご利用ください。(自習の方は、2階読書室をご利用ください。)
各地区館には、辞典類を備えたレファレンス・コーナーがあります。


                                             このページのトップに戻る

 

インターネットの利用

図書館では、インターネットを使った調べものを行っています。

新聞記事など、オンラインデータベースを使って調べた情報を提供することができます。職員にお尋ねください。
中央図書館には、利用者の使えるインターネット検索用パソコンもありますが、地区館では職員が検索しますので、職員にお申し付けください。

利用者が使えるインターネット検索用パソコン(中央図書館のみ)
中央図書館では、より充実した調べものができるように、利用者が使えるインターネット検索用パソコンが3台あります。

<インターネット検索用パソコン:2台>
  検索結果の印刷はできません。
  メール、文書作成、ダウンロードなどはできません。
  フィルターをかけていますので、一部閲覧でいないサイトがあります。

【利用方法】
 「利用手引き」への同意が必要です。
 「東村山市立図書館利用者用インターネット端末設置及び利用の手引き」(PDF:163KB)
 中央図書館カウンターで受付をしてください。(データベース利用の方は、参考資料室カウンターへ)
 利用できる人:図書館利用カードを持っている中学生以上の方
 利用時間:1人1回30分 順番待ちの方がいなければ延長できます。
 あらかじめ利用日時を指定することはできません。

<データベース専用パソコン:1台> 
 *各データベースは同時に複数の利用はできませんので、ご了承ください。
 聞蔵Ⅱビジュアル・フォーライブラリー(朝日新聞、アエラ、週刊朝日の記事、知恵蔵、人物、歴史写真など)
 ヨミダス歴史館(読売新聞記事、現代人名録)
 日経テレコン21
 (日本経済新聞、日経MJ(流通新聞)、日経産業新聞、企業情報、人事検索など)
 第一法規法情報総合データベース(法律、判例、判例解説)
 官報情報検索サービス(官報記事)
 ジャパンナレッジLib(百科事典など各種辞書・事典類の一括検索)
 国立国会図書館デジタル化資料送信サービス(国立国会図書館デジタルコレクションの閲覧・印刷)
 れきおん(国立国会図書館歴史的音源サービス)

 データベース一覧(PDF:294KB)

【利用方法】
 中央図書館参考資料室カウンターで受付をしてください。
 利用できる人:図書館利用カードを持っている中学生以上の方
 利用時間:1人1回30分 順番待ちの方がいなければ延長できます。
 あらかじめ利用日時を指定することはできません。
 指定のデータベース以外の利用はできません。
 印刷は契約の範囲内でできます。(モノクロ片面1枚10円 カラー片面1枚20円)


                                             このページのトップに戻る

回答できない質問

図書館では、以下のようなご質問については内容により、参考となる本・雑誌、相談機関のご紹介のみとなります。

個人の生命、財産に損害を与えたり、プライバシーに関わる質問
医療に関する判断を要する相談
法律に関する判断を要する相談
人生相談
美術品等の鑑定
文献の翻訳、解釈
計算問題や懸賞問題の回答
将来の予想に属する問題 など


                                             このページのトップに戻る

コピー

図書館では、図書館の資料に限り、著作権法第31条の範囲でコピーすることができます。(1枚10円モノクロのみ)申込用紙にご記入の上、カウンターの職員にお申込ください。詳しくは、館内掲示ポスターをご覧ください。



※PDF形式のファイルを開くには、Adobe Reader(アドビリーダー)が必要です。
 お持ちでない方は、Adobe社(アドビ社)から無償でダウンロードできます。

                                             このページのトップに戻る